• sumio22moon

ずっと思っていたこと🐢

文章を読むこと 文章を書くこと、本も詩も、言葉と関わることは どれもすきだけれど、

自分と他者との関係を 既に存在している簡単な言葉に当てはめることだけは、

ちょっと苦手だと思ってしまう•••。

「家族」とか「後輩」とかは、事実を説明しているのだなと思うのだけれど、

「友達」とか「恋人」という言葉というのは、ほんとうに扱い難い•••!

私は 自分がすきになったひとたちのことを、大切なひとりの存在としてただ向き合っていけたら、それがいちばんいいなあと思うし、

みんな違う存在なのだから、同じ関係なんてないはずだとも思う。

だから言葉の中に押し込めたくない〜🐶という謎の意地があるのだね。

そんな風に考えながらも、生活の中では、言葉を使って説明せざるを得ないときがしょっちゅうですが。

本当はそんなときは、愛を込めてとびきりヘンテコな言葉を創ったりしたいくらいなのです。それか ぴったりのニュアンスの例えを見つけてそれで説明したいね•••!

「彼女と私は、いわば 鯖の味噌煮と白米です」みたいな感じで•••!

なんだかちょっとよくわからない文章になっちゃった。読んでくれて感謝です🦭

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示